多田満仲同族会とは

多田源氏初代満仲公を始めとする
諸先人の偉業に学びつつ
民族の教えである惟神を魂の拠り所として
その節氣毎に多田源氏初代をお祀りする多田神社に集いて
先人の偉業と志を偲び、そして新たにする事で更なる
一族の拡充と、国家の繁栄に寄与します。


清和源氏多田満仲同族会の目的

8f1a79f8ef43becc539bacbf4beb2dd1.jpg
平成二十二年四月吉日改定


本旨 我々は清和源氏多田一族初代、多田満仲公の憂国精神に則り、同族相和して母国と民族の繁栄に寄与する事を目的とする。


一 我々同族は互譲互助の精神を以て、個々の会員の職責と職能を最大限に活かしうる家族的組織を構築する。


二 我々同族は冥利栄辱に囚われず、一燈昭隅に心掛け、その天より与えられた処と司に従い、陰徳を積む人生こそ喜びとする。


三 我々同族は邪知奸佞に阿る事無く、日々是義行に励み、精錬篤実な人生を送る事を心掛ける。


四 我々同族は、行為の規範を初代多田満仲公を始めとする清和源氏一門の業績に倣い求め、更に会を先賢に学ぶ場とする事で、互いに徳を高め才を高めて、社会の範たる実り多き人生を実現する。